2022年6月11日舞台演目

【Written by M.G】

2022.06.11千葉県柏市 さわやか千葉県民プラザの舞台では、1時間の枠(13時~14時)を頂いています。
是非、舞台の詳細は、前回のブログにてご確認ください!

1時間もの演奏時間を頂ける機会は大変貴重なので、皆様にとって私たち ”うつら” をより知って頂けるきっかけとなれば嬉しいです。

舞台のプログラムには ”幸竜太鼓” との記載があります。

私たち ”うつら” は幸竜太鼓関連団体として活動させて頂いていますが、この幸竜太鼓は、小学生から大人まで年齢層幅広く募集の枠を設け、演奏活動をしていることが特徴です。


今回の県民プラザの舞台では、幸竜太鼓の演目も2曲含まれています。

舞台で演奏する演目の紹介を、早々に発表させて頂きます! 

じゃーーーん⇩

①蒼天

この演目は、唯一の幸竜太鼓&うつらが一緒に叩く曲です。
つきぬけるような青い空に、のびやかな太鼓の音色が響きわたるような、明るく爽快な一曲です。
跳ね込むように楽しくリズムを刻み、大人も子供も年齢問わず一緒になって楽しめる曲作りの一環として誕生しました。

②童

幸竜太鼓の演目です。
その名の通り、子どもたちが日頃の稽古の成果をお見せします!子どもだけで構成された曲を是非ご覧ください!

③颯

力強い締太鼓を全面に押し出した、新しいテイストに挑んだ曲です。
疾風をあらわす颯に、ひたすら精進し、前へと推し進める私たちの心を感じていただけるよう、うつらが表現したいものを存分に組み込んだ一曲となっています。

④乱

幸竜太鼓の演目です。
小学生から大人までが一緒に稽古を積み重ね、一つの曲を奏でます。
歳の差を超えて同じ目的に向かい、一心不乱に打ち込む姿をご覧ください!

⑤花乱舞

広大で幻想的な桜の世界。満開の花びらが、まるで万華鏡を広げたかのように美しく、そして激しく風に舞い散る様を曲に込めて作りました。
細かなバチさばきや、幾重にも繰り返す振り付けの随所に、勢いよく巻き上がる花びらが表現されています。

⑥龍泉

龍は、天とこの地を結ぶもの。
うつらの演奏を通して伝えたい和太鼓の魅力、チームの力。うつら個々を結び、そして観てくださる皆様とを結ぶ一曲となるよう、作り上げました。
龍泉原曲に使用する和楽器・箏は、龍をモチーフにつくられた楽器でもあり、チームの思いをつなぎ、その思いが湧き上がる泉、源を表現した龍泉は、うつら創作の第一曲目、うつらの原点でもあります。
私たちのPVもこの曲です!

こんなにたくさんの演目を1度の舞台で演奏させて頂く事は、なかなかありません!
このような貴重な機会、是非皆さまに足を運んで頂けると嬉しいです!

今後のブログには1曲づつの詳しい紹介と、一部動画や練習風景などもアップ予定です♪
ブログの感想やコメントなどもとっても励みになります★★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏依頼、体験講座、レッスン等のお問い合わせは こちら フォームよりお待ちしております。

うつら公式インスタグラム : https://www.instagram.com/utsura_kashiwa/
うつら TikTok : @utsura.kashiwa https://vt.tiktok.com/ZSdwAdKSf/

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP